気になる脇の黒ずみはクリームで消せる|悩んでいる暇は無い

ウーマン

保湿力を高めてくれる

化粧水

しっとりタイプが多い

生まれつきの肌質に加えて、加齢が進むと保湿力が失われるため、乾燥肌の悩みを抱える人が多くなります。その悩みを抱える人のための化粧品が、乾燥肌向けの化粧水です。これらの化粧水の特徴は、通常の化粧品よりも保湿成分の種類や量が多く含まれています。アミノ酸やセラミド、ヒアルロン酸など、乾燥肌の方が必要とする保湿成分をいろいろと含んでいるため、保湿ケアに役立ってくれます。また乾燥肌向けの化粧水には、しっとりタイプの商品が多いのも特徴の1つです。その理由はしっとりタイプはさっぱりタイプと違ってアルコール成分が少ないため、水分を蒸発させにくいためです。化粧水の皮膜が長時間表皮に残るので、その分保湿力が保てます。

できれば避けたい人工香料

肌に直接触れる化粧水は体にやさしい成分のものが多いですが、乾燥肌の方は少しの刺激でも敏感に肌が反応するため、成分についてはより慎重に判断をした方が安全です。特に注意をしたい、できれば避けた方がよい成分として人工香料が挙げられます。香料は規制がゆるいこともあって、今でも人工香料を使っている化粧品が多いのが現状です。フタル酸エステルのような乾燥肌の方には肌荒れの原因になりやすい成分も、表記が徹底されていないため、パッケージには単にフレグランスとして記載されていたりと判断が難しいという問題があります。そのため乾燥肌向けの化粧水を購入する際は、香料も天然香料を使ったものか、無香料タイプを選んだ方が無難です。